『食を通して、よろこびと笑顔の時間を提供する』焼肉の大同門

50周年

大同門のこだわり

タレのこだわり

焼肉の美味しさはお肉とタレの相性で決まります。創業以来、受け継がれたタレは研究を重ね、もみ込み用、漬け込み用、卓上用と別々に仕込みを行います。赤いお肉はしょうゆダレ、内臓系には味噌タレをつけてというつけタレのご提案も、肉とタレの相性にこだわっている大同門ならではのこと。
そのタレは素材の味を活かし、数十種類のスパイスで絶妙な味のアクセントを加える等、まさに大同門の秘伝の味として今後も受け継がれていきます。

大同門のこだわり

肉のこだわり

たれを絡ませる焼肉に適したお肉を探していて行き着いたのが、阿波黒牛。西日本最大級の牧場から直送で食卓へ。
安心の品質をお届けします。
ブランド牛の産地というのがありますが、同じ産地でも育てるひとによって味は違います。簡単に長期肥育と言いますが、手間もコストもかかります。
フジミツハセガワ牧場では感受性のある繊細な牛を厳しい管理のもと、愛情をもって肥育しています。ここに阿波黒牛が美味しい本当の理由があるのです。

黒毛和牛のなかでも厳選された血統の父牛と、国産の母牛を交配させて、さらにそれらの仔牛から厳選され、長年の肉牛肥育ノウハウに基づいて丁寧に育てられます。阿波黒牛は、和牛に近くきめ細かで柔らかい肉質とオレイン酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれ融点の低い風味豊かな美味しい肉質に仕上がっています。

切り方のこだわり

大同門のこだわり

焼肉店における肉のカットは非常に重要です。切り方により、肉の旨みや柔らかさに違いが出るからです。どの部位をどうカットするかを職人が知りつくし熟練の手法によりひとつひとつ丁寧にカットしているのです。
肉の塊から筋引き、成形と呼ばれる作業を経て、お客様の食べやすい大きさに一枚一枚愛情をこめて切り出しています。
大同門では、よりお客様に安定したお味をお届けするべく、職人の目利きにより部位ごとに店で切り分け、ご提供しております。

トップに戻る