『食を通して、よろこびと笑顔の時間を提供する』焼肉の大同門

50周年

トピック&ニュース

焼肉の大同門、系列店でキャッシュレス決済を導入へ

大同門株式会社(本社:大阪府吹田市/代表取締役社長:フォーリー 淳子 以下、大同門)は、2018年12月15日より、スマートフォンで現金を使わずに決済できるキャッシュレス決済サービス「PayPay」、「LINE Pay」、「WeChat Pay(微信支付)」「ALIPAY(支付宝)」を系列店の4店舗に導入します。

【サービス導入について】

外食産業では、未曽有の人手不足が大きな課題としてのしかかっており、QRコード決済サービスによるキャッシュレス化は、お客様の利便性向上と店舗労働過多の解消の両方が図れる可能性があります。また、「ALIPAY(支付宝)」と「WeChat Pay(微信支付)」の導入により、訪日外国人観光客の更なる利便性向上にも貢献できると考えています。 大同門では、『食を通して、よろこびと笑顔の時間を提供する』をモットーに、今後もこのような新しい技術やサービスを積極的に導入し、新たな食体験の価値を社会に提供してまいります。

【キャッシュレス決済サービス導入店舗】

大同門江坂店

大同門京橋店

肉バルDOMO北浜店

肉バルDOMO天満橋店

トップに戻る